熊本から福岡へ

白石浜海水浴場は福岡のきれいな海!アクセスと駐車場、海の家とシャワーはある?

更新日:

こんにちは!熊本から子どもとのお出かけ情報を発信しています、しろっ子(@flyintothew)です。

 

夏といえばやっぱり『海』ですね。

海水浴場ってたくさんありますが、何を基準に選ぶのか迷ったり、どこがよいか決め手がなかったりしませんか。

 

今回は福岡の福津市にある白石浜海水浴場に行ってきました!

海のきれいさは格別で、子連れにもおすすめの海水浴場でしたよ。

 

白石浜海水浴場への行き方と駐車場

 

熊本からは高速で古賀インターまで行き、そこから車で30分ほどの場所に白石浜海水浴場はあります。

海水浴場最寄りのインターが古賀インターと覚えてくださいね。

 

Googleマップで検索するとちょっと分かりにくいので下の地図を参考に行ってみてくださいね。

ナビで海の家をセットするとオレンジの道を誘導しますが、駐車場があるのは青の道です。

 

道の入り口には手作りの看板があるので見逃さずに行けると思います。

看板から奥へ進むとテントがあり、そこで駐車料金を払います。

普通車は500円でした。

 

海までの松林の間に駐車場を設けてあります。

猪が出るらしいです。

 

松林の中の空きスペースに駐車場を設置している感じです。

運が良ければ日陰に停めることもできます。

 

平日は一番奥のエリア(一番ビーチに近い場所)に停めることが出来ました。

休日は駐車場から少し歩くエリアに停めることもありそうです。

 

ビーチは眺めよし!青い空、きれいな海、白い砂浜

 

この白石浜海水浴場にはぜひ一度訪れてほしいです。

海はエメラルド色に輝き、浅瀬では海の底が透けて見えます。

 

たくさん鱚(キス)が泳いでいて水上からも見えるほど海が透きとおっています。

インスタ映えすること間違いなし!!

 

 

遠浅なので子どもも泳ぎやすく、ライフガードはいませんが、クラゲネットは張ってあります。

鳴き砂でも有名なビーチです。

 

 

白石浜海水浴場の海がきれいな理由

 

この白石浜海水浴場、実は夏の時期しか開放されないエリアになっています。

 

 

なぜならウミガメの保護を行っているとのことでした。

そのため、7月~8月しか入ることが出来ません。

時間帯も早朝、夜間は駐車場は開放されていません。

 

ウミガメが産卵に訪れるほどのきれいな海、ますます惹かれます。

 

※ 実際にビーチはとてもきれいです。

海のきれいさもですが、落ちているゴミも少ない。

おそらく地元のかたがこのきれいな海を守っているのだと思います。

利用する側も海を大切に、ごみは持ち帰りでお願いします!

 

白石浜海水浴場の海の家とシャワー、トイレについて

 

白石浜海水浴場には海の家がひとつあります。

売店とバーベキュースペース、シャワーとトイレがあります。

 

海の家の利用は、大人800円、子ども400円とのこと。

 

バーベキュースペースでは、コンロを借りることができるようでした。

売店には飲み物やかき氷などがあり、カレーライスを食べている人もいました。

 

シャワーは1人100円で男女に分かれています。

温水ではなく水のシャワーです。

更衣室が別にあり、こちらを利用する場合は更に100円が必要なのですが、これにお金を払うの!?というレベルのただの仕切りがある残念な場所です。

(でもねー、海の家は全体的に営利目的って感じがしなかったです。もしかしたらウミガメのために使われるのかもと思ってしっかりお支払しました。)

 

トイレには個室に電気はついていません。

扉を閉めると真っ暗なので小さい子どもさんが利用するときは一緒に行きましょう。

仕方がないですが水洗設備も整っていません。

 

海水浴をするときの必需品

 

砂浜に出ると日陰は一切ありません。

大きなテントは禁止とのことでしたので、ワンタッチテントやパラソルがあった方がよいです。

 

 

砂浜は素足では歩けないほど暑くなるのでビーチサンダルやビーチシューズが必要です。

 

 

水道は手洗いと足洗とありますが、そこから駐車場に行くまでも砂浜になっているので気になる人は大きめのペットボトルなどに足洗用のお水を用意しておくと便利です。

ビーチでも手洗いに使える水は、特に子連れの場合はあると便利ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォータータンク10リットル用(給水袋 飲料水袋)
価格:561円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

 

 

また、子どもの安全面を考慮して、浮き輪やライフベストもあると安心です。

水の事故を防ぐためにも、海で泳ぐときのリスク、準備体操、子どもの遊泳の監視(見守り)をしっかりしましょう

 

それから忘れてはいけない日焼け対策。

日焼け止めはもちろんのこと、帽子やラッシュガードを着用しておくといいですね。

 

 

あとは熱中症対策。

適度な休憩と水分補給を忘れずにしましょう。

我が家はお塩多めの梅干し入りおにぎりをたいてい持参します。

水分とミネラル分をとって熱中症を予防しましょう。

 

小さくてもいいのでクーラーボックスを用意すると、飲み物、ランチ、おやつを持っていけるので子どもにはいつもの慣れたものを与えることができるし、節約にもなります。

 

最近はコンビニに冷凍された飲み物が売られていますね。

もし、海までの道のりが長い場合はこういうものを途中で購入しておくと保冷代わりになり重宝します。

 

まとめ

 

白石浜海水浴場へは最寄りのバス停から徒歩30分以上あるのでアクセスは基本、車です。

 

しつこいですが、ほんとうに海がきれいです。

フォトジェニックな白石浜海水浴場で夏を満喫してみませんか。

子どもたちの夏の思い出にもおすすめです。

 

-熊本から福岡へ
-, , , , ,

Copyright© 頑張らない子育てでハッピーな人生を , 2019 All Rights Reserved.