熊本おすすめスポット

鶴屋百貨店の駐車場や料金について、提携の駐車場と比較してみた

更新日:

 

熊本の百貨店(デパート)と言えば『鶴屋百貨店』ですねー。

ここに来るとどうしても『つるや、ララ♪』の歌をリフレインしてしまいます 笑

今は唯一のデパートでもありますけどね。

私は熊本出身ではないので分かりませんが、小さい頃から何かあると鶴屋で!というのが熊本人の定番なのではないでしょうか。

そんな熊本の人に親しまれている鶴屋百貨店の駐車場についてご紹介していきましょう!

 

鶴屋百貨店の駐車場(鶴屋パーキング)について

 

特に買う目的のないショッピングの時は良いのですが、プレゼントだったりお土産だったり、必ず買うものがあるときや子連れの場合は荷物もあるので出来れば車で移動したいですよね。

そこで気になるのが駐車料金

鶴屋の営業時間はびっくりするくらい短いけれど、駐車場(鶴屋パーキング)は24時間営業です。

 

一般料金は

10時から夕方の6時まで 最初の1時間500円、以降30分ごとに100円

夕方6時から翌朝の10時まで 最初の1時間300円、行こう30分ごとに50円となっています。

 

意外と高い!

ただし、当日のお買い物レシートの金額によって割引もあります。

税込3240円~10800円未満 2時間無料
税込10800円~54000円未満 3時間無料
税込54000円~108000円未満 4時間無料
税込108000円以上 5時間無料

どんな客層を狙ってるの!?と突っ込みたくなる値段設定です 笑

 

我が家のような庶民にはせいぜい3時間無料までです。

いつも地下2階にある料金精算所でハンコをもらい割引してもらうのです。

(精算所は1階にもあり)

 

なのでたいてい帰省前のお土産買いと、行事ごとのプレゼントなどのときに利用しています。

そして長居せずそそくさと帰る 笑

 

駐車場状況を事前にキャッチ、スマートに駐車する裏技

 

近頃、込み合うときに電車通り側から駐車場に向かうと迂回させられることがあります。

そうなると駐車するまでに時間がかかってしまいます。

もしそれが事前に分かっていれば早く順路にたどり着くことが出来ますね。

 

そんなときは鶴屋駐車場のTwitterが便利。

鶴屋パーキング混雑情報 (@tsuruya_parking)さんをチェックしよう!

 

ここで入庫規制があるかどうかチェックします。

入庫規制がある場合は

このように3方向入庫していませんので最短のルートで駐車の列に入るようにしましょう。

規制がある場合は、『係員の指示に従って入庫してください』と案内がツイートされています。

 

鶴屋百貨店の提携駐車場

 

一方で、ゆっくりのんびりお買い物をして過ごしたいときは提携駐車場を利用します。

近隣ではありますが、併設ではないので駐車場まで歩く必要があります。

そこはデメリットですが、鶴屋パーキングと同じ条件で2時間無料、3時間無料のサービスが受けられます。

 

いくらお買い物をしてもこちらは10800円以上の割引設定がないので4時間以上は無料になりません。

 

ただし!

 

提携1か所を除き、打ち止め(最大料金)の設定があります。

場所によって最大料金の金額は若干違いますが(800円~900円)時間を気にせずに過ごしたいときは提携駐車場のお買い物金額での割引と、最大料金を利用するのがお得です。

 

鶴屋パーキングと提携駐車場のメリットとデメリット

 

鶴屋パーキングのメリット、デメリット

駐車場は店舗直結なので雨などで濡れる心配がない!

買い物を終えてから車までが他と比べて距離がないですね。

これが最大のメリットです。

一方で、割引を利用しなければ料金が高いことと時間帯や時期によっては駐車場に入るまでの渋滞がすさまじい。

電車通りと3号線の交わる中心地にあるので仕方がないのですが、まぁ渋滞というか、駐車場を利用したい車が渋滞を作ってるふしもありますが駐車に並ぶこともしばしば。

 

特に12月などはすごくて土日に車では行きたくない場所です。

行くなら10時の開店時間を目指すか平日の昼間に行くようにしています。

 

提携駐車場のメリット、デメリット

一方で、提携駐車場は鶴屋百貨店の周辺にあるので出発した方向から近い駐車場を選べば渋滞する地帯を避けることができます。

料金も決まっているので時間を気にせずにお買い物ができるところもメリットですね。

 

駐車場にもよりますが電子マネーやクレジット払いができるところもありますので支払い方法の選択も可能です。

駐車場から鶴屋百貨店まで、確実に屋外を歩く必要があります。

 

出典:http://www.tsuruya-dept.co.jp/service/parking/index.html

 

提携駐車場は全部で8か所。

  1. トラストパークオークスタワーパーキング
  2. オークスプレイスパーキング
  3. パスート24上通
  4. パスート24銀座プレス
  5. 熊本立体駐車場(最大料金なし)
  6. パスート24熊本中央
  7. パークシティ24h白川公園
  8. パークシティ24h水道町

※ 5.の熊本立体駐車場は40分100円で最大料金の設定はありませんが、オムツ交換台やベビー・キッズルームの設置(授乳も可)、ベビーカーの貸し出し等サービスが充実しています。

子どもが小さいときはほとんどこちらを利用していました。

 

利用される状況に合わせて駐車場も選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに我が家は住所最寄りの提携駐車場と、鶴屋パーキングを目的によって使い分けしています。

 

 

バスや市電という選択

 

鶴屋百貨店は熊本の中心地にありますので公共機関ももちろん利用できます。

熊本市電の電停と各方面からのバス停が目の前にあります。

市電は店舗入り口まで少し歩きますが、バス停はエントランス前にあり、屋根もあるので降りてすぐ店舗に入ることが可能です。

 

水道町や通町筋で降りればすぐなので身軽な場合は公共機関を利用するのもありですね。

 

鶴屋百貨店に来たら屋上に行ってみよう!

 

我が家が鶴屋に来たら必ずすることその1

屋上で遊ぶ!です。

(ちなみにその2は、案内係のおねえさんに風船をもらって帰ること。)

数は少ないですが割と広く子どもにとっては楽しい場所のようです。

必ず安全見守りのおじいさんがいますし。

赤ちゃんが遊べる屋内スペースもあるので小さな子どもさんでも楽しめます。

 

最近は撮影場所としても人気があるのかなぜか高校生っぽい女の子もよく見かけます。

ここをおすすめするのは、屋内施設あり、トイレ、授乳スペース、おむつ替えスペースあり、自動販売機ありと設備が充実しているところです。

さらには、テーブルとイスも設置してあるので食事をすることもできます。

我が家はデパ地下で買ってきてお昼やおやつを食べたりすることもあります。

 

子どもたちは喜ぶこと間違いなし!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

他県出身の私にとっては街の中心地であり、かつ電車通り(路面電車が走っているエリア)はなるべくなら車で行きたくない場所。

だけど車の方が便利なこともあるので慣れるまではどうやってどこに停めるかけっこう悩みの種でした。

おこがましくもそんな方のお役に立てればいいなーと思っています。

-熊本おすすめスポット
-, , , ,

Copyright© 頑張らない子育てでハッピーな人生を , 2019 All Rights Reserved.