熊本おすすめスポット

【天草・牛深】茂串海水浴場は透明度の高い海、行き方や駐車場まとめ

更新日:

熊本県の天草でも一番奥にある牛深。

その牛深のエリアに『茂串(もぐし)海水浴場』はあります。

 

九州でも屈指の透明度を誇る茂串海水浴場。

熊本市内からでも結構な距離はありますが、行く価値も十分にありでした。

そんな茂串海水浴場についてご紹介していきます!

 

大河ドラマ『武蔵』のロケ地でもある茂串海水浴場

 

大河ドラマ『武蔵』の巌流島の決闘のロケ地にもなった茂串海水浴場。

駐車場から海へ向かうところには、その記念碑(?)が作られています。

ロケ地にも選ばれるほどの自然豊かな海です。

 

茂串海水浴場への行き方

 

グーグルマップで十分たどり着けます。

海に近くなると街灯などなさそうでした。

暗い道になると思うので日が落ちてから行くのは慣れていない人にとってはちょっと厳しいかもしれません。

近くにコンビニなどもありませんので、牛深の中心地(海水浴場の手前)で必要なものは調達しておきましょう。

 

熊本市内からでも3時間ほどかかるので、茂串海水浴場に着くまでの計画は事前に立てておく方がいいかもしれません。

わが家の場合、朝早く7時ごろに出発し、ノンストップで10時過ぎに現地に到着。

お昼はおにぎりなどのお弁当を持参して、14時くらいまで滞在。

その後、予約していた天草市内のホテルに1時間ほどかけて移動、というスケジュールでした。

 

茂串海水浴場の近くには宿泊施設があまりありません

民宿などがちらほらありましたが情報が少なくて決められず、下田温泉付近か天草市内で1泊しようということになりました。

日帰りでも無理ではないですが、せっかく牛深まで足を延ばすなら宿泊するスケジュールを組むのがおすすめです!

 

茂串海水浴場で楽しむための事前準備、駐車場情報

 

茂串海水浴場を十分に楽しむためにはちょっとした準備をしておくことをおすすめします。

せっかくのきれいな海、思いっきり堪能したいですよね。

 

そこで、実際に行ってみて準備しておいてよかったもの、心構えについてまとめてみました。

  • シーズン時の駐車場は有料
  • 荷物はコンパクトに
  • 貴重品は最低限で
  • シュノーケルやライフジャケットもあると便利
  • トイレには注意!
  • マリンシューズもあると便利
  • ワンタッチテントも必須

シーズン時の駐車場は有料

夏場は駐車場は整備され、有料です。(2020年8月時点では500円でした。)

誘導してくれますので指定の場所に停めます。

来訪者が多い場合はかなり遠い場所に停めることになりますのでビーチまで歩くことを考慮しておきましょう。

一番手前の駐車場エリアに小さな建物があり、シャワー・更衣室(1人1回100円)が男女別にあります。

その他、浮き輪のレンタルと飲み物、軽食の屋台がありました。

荷物はコンパクトに

そこからゴツゴツとした岩場をしばらく歩いてビーチに向かいます。

こういうゴツゴツした岩場を10分くらい歩きます。

わが家は小学生なので大丈夫でしたが足元のおぼつかない小さな子どもや妊婦さん、年配の方には少々ハードな道のりです。

クーラーボックスも必須ですが、転がすことはできませんので抱えて運べる重さにとどめておいた方がベターです。

 

貴重品は最小限で

ビーチにも屋台がありましたので、必要な方はその分のお金と、戻ってきたときのシャワー代は必要です。

ビーチ内の貴重品管理は自己責任になりますし、ビーチは広く、岩場も多く見投資が悪い場所もあるので荷物番がいなければ目が届かないケースがあるかもしれません。

携帯などは防水ケースに入れて持ち運ぶことをおすすめします。

 

シュノーケルやライフジャケットもあると便利

とにかく海がきれいです。

ちょっと潜るだけで魚がたくさん!

シュノーケルなどがあるともっと楽しめそうでした。

潮が引いてくると、岩肌が目立ち見通しが悪い場所もあります。

子どもの安全面を考えるとライフジャケットもあると安心だなと感じるビーチでした。

 

トイレには注意!

ビーチエリアにはトイレはありません。

途中でトイレに行きたくなった場合は、駐車場のあるエリアまで戻る必要があります。

結構な道のりなので子どもには早めの声掛け、こまめなトイレ休憩を取ってあげると良いと思います。

 

マリンシューズもあると便利

ビーチまでの岩場を歩くのに、ビーチサンダルではちょっと心許ないです。

ふなむし(?)岩場によくいるムシもたくさんいるので特に子どもはマリンシューズがあるとおすすめです。

ヒールなどで歩いている人もいましたが、とても歩きにくいのでできればマリンシューズなど滑りにくい履物があるといいなと思いました。

 

ワンタッチテントも必須

ビーチ付近には木陰がほとんどありません。

夏場の日差しはかなりきついのでテントは必須といえます。

テントがずらりと並んでいました。

簡単なものでよいのであった方がよいです、というかないと日差しがきつくて辛いと思います。

ちょっと重たいけど持参していくことをおすすめします。

 

茂串海水浴場ならではの遊び

 

とにかく海が美しい。

時間帯によってすごく見え方の変化する海でした。

小学生の息子たちには、海で泳ぐより、岩場で遊ぶ方が楽しかったようで浅瀬の岩場で掘ったり、魚を見つけたり、砂だらけでした。

ライフガード着てたし、帽子も被ってたけどいつも以上に日焼けしてたかも(^^;

楽しんでくれたようで何よりです。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

空港からも、天草の中でもちょっと距離のある牛深エリアの茂串海水浴場ですが、その海の透明度は抜群だし眺めは最高です。

 

今まで行ったビーチの中でも群を抜いてきれいな海でした。

 

ぜひ一度体験してみてくださいね!

-熊本おすすめスポット
-, , , ,

Copyright© 頑張らない子育てでハッピーな人生を , 2020 All Rights Reserved.